HBF-F1について
ドライブの交換
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



HBD-F1 HBD-F1
ソニーのMSXシリーズ向け3.5インチ2DDフロッピーディスクドライブです。
2DDで、フォーマット時720KBでMS−DOSver1.25と同じFAT12フォーマットです。
インタフェイスとドライブが別れているので、パナソニックのFS−FD1Aよりも、機種を選ばない感じです。
HBD-F1 FDD
内蔵されているドライブです。
HBD-F1 底面
下から見ると、こんな感じでダイレクトドライブ方式。
HBD-F1 LABEL
HBD-F1 DIP_SW
FDD挿入口から見て左側面にラベル…
ソニー製のドライブでしょうか。
FDD挿入口から見て右側面のコネクター寄りには、何かの切替スイッチがあります。
詳細は、不明…。
HBD-F1 FDD CONNECTOR
34ピンコネクタ+電源EI4ピンコネクタで、DOS/Vと同じです。
ちなみに電源は5Vのみで、12Vは必要ありません。


FDDの交換

こんなHBD−F1もFS−FD1Aのように使わずに何年も放置しておくと、ディスクを読まなくなります。 ダイレクトドライブ方式なので、原因はヘッド不良の可能性で大です。
そんなときは、ドライブを交換するしかありません。っていうことで、ドライブを交換してみます。
◎TEAC製 FD−235GFに交換します
FD-235GF
FD-235GF CONNECTOR
電源コネクタはEI4Pで、5Vのみ。信号ラインは、34ピンコネクタ。
FD-235GF DIP_SW
ショートピンの設定です。通常は、ディフォルトのままで大丈夫です。
HBD-F1 Conecctor Setting
元あったドライブのようにFD−235GFも信号線コネクタ、電源コネクターをさします。
HBD-F1 FD-235GF Setting





 このようにすっぽり筐体に収まります。
HBD-F1 FD-235GF
ベゼルが白いのが気になりますが…
FD−235GF自体手に入りにくい(※2010年現在)ので、我慢!
HBD-F1 FD-235GF
こんな感じになります。


Return Main




Copyright 2010 up-c all rights reserved