FS-A1WSXについて
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



Expansion RAM
クロック切替

FS-A1WSX

FS-A1WSX UPSIDE
MSX2+ Panasonic FS−A1WSX
CPU Z80A (3.57MHz)
MAIN RAM 64KB
VRAM 128KB (VDP:V9958)
漢字ROM JIS第1水準、JIS第2水準サポート
MSX-JE 搭載
音源 ・PSG3和音8オクターブ(AY-3-8910相当)
・FM音源(YM2413)(MSX-MUSIC)
 9和音または6和音+リズム5ch 8オクターブ
カラー
SCREEN 発色数
0〜5,7 512色中16色
512色中4色
256色
10,11 12499色
12 19268色
解像度
SCREEN 解像度
0〜2,4 256×192
64×48
5,8〜12 256×212(インタレース使用時424)
6,7 512×212(インタレース使用時424)
FDD 3.5インチ2DD 1基搭載
スロット MSX標準スロット 2基搭載
BASIC MSX-BASIC ver3.0,DISK-BASIC ver1.0
その他 内蔵ワープロソフトが、カラー対応。



◎右サイド※各部でマウスカーソルとを止めると、説明が出ます

右サイド JOYSTICK端子1 JOYSTICK端子2 3.5インチ2DDフロッピーディスクドライブ



◎左サイド※各部でマウスカーソルとを止めると、説明が出ます

左サイド 電源スイッチ



◎バックパネル※各部でマウスカーソルとを止めると、説明が出ます。

バックパネル S-VIDEO出力 RGB出力 映像出力 音声出力 RFチャンネル切替 RF出力 プリンタコネクタ スロット2 電源ケーブル



◎基板(部品面)※各部でマウスクリックすると拡大されます(ポップアップを有効にしてください)

基板部品面 V-RAM(128KB)+VDP(V9958)周辺 ROMとSRAM周辺 DRAM(メインメモリ)周辺 MSX-MUSIC(YM-2413)とインタフェイス周辺 電源とスロット周辺

基板全体の拡大

◎基板(半田面)※各部でマウスクリックすると拡大されます(ポップアップを有効にしてください)

基板半田面 MSX-ENGINE周辺 フロッピーディスクコントローラ周辺 CMOSゲートアレイ周辺 RGBエンコーダ周辺

基板全体の拡大



動作クロックの切替
OUT 64,8:OUT 65,0
動作クロックを6MHzにします。(ちなみに内蔵ワープロは、このクロックで動作)
OUT 64,8:OUT 65,1
動作クロックを4MHzにします。(通常スピードのクロックです)




コックピット
A1WSX COCKPIT 内蔵ソフトのコックピットです。ワープロ機能が、カラー対応で更に48ドット対応!!
BGMがもFM音源対応でA1FのPSGの時みたいに耳が痛くない!
でもなんで、A1F以降の機種では、このタイトル画面でBGM流すんだろう?!曲調があんまりマッチしていないような気がして…。
ちなみに、これがコックピットのBGM


Return Main




Copyright 2009-2013 up-c all rights reserved