SET VIDEOについて
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


・SET VIDEO命令
[ 機能 ]
スーパーインポーズのモードを設定します。

[ 書式 ]
SET VIDEO <モード>[,<輝度>[,<カラーバスモード>]]

[ 解説 ]
<モード> は以下の通りです。
0 内部同期・コンピュータ画面
1 外部同期・コンピュータ画面
2 外部同期・スーパーインポーズ
3 外部同期・外部ビデオ画面

<輝度> は以下の通りです。
0 ノーマル
1 ハーフトーン

<カラーバスモード> は以下の通りです。
0 出力モード
1 入力モード




◎もうちょっと細かい設定
[ 書式 ]
SET VIDEO <モード>[,<輝度>[,<カラーバスモード>[,<<同期>[,<音声>[,<ビデオ入力>[,<AVコントロール>]]]]]]
※このステートメントは、オプションであるスーパーインポーザやディジタイザに対するステートメントであり、それらの機能を装備している機種に対してのみ使用できます。

[ 解説 ]
<モード> はスーパーインポーズのモード設定をするもので、以下に示す値が指定できます。
モード S1 S0 TP 表示画面
コンピュータ
コンピュータ
スーパーインポーズ(コンピュータ+ビデオ入力)
ビデオ入力

注:モード0の場合は、外部同期をかけることはできません。その他のモードでは、VDPのコンポジット出力は使えません。
S1,S0,TPはVDPのレジスタ内のフラグの名称です。

<輝度>はビデオ入力画像の輝度をコントロールします。
0 ノーマル
1 ハーフトーン

<カラーバスモード>は、VDPのカラーバスの状態をコントロールします。
   0  出力状態
   1  入力状態

<同期>は、内部同期か外部同期を指定します。
   0  内部同期
   1  外部同期

<音声>は、外部信号を混合して出力するかどうかの指定で、以下に示す値が指定できます。
音声 機能
外部音声信号を混合しない
右チャンネルの外部音声信号を混合する
左チャンネルの外部音声信号を混合する
両チャンネルの外部音声信号を混合する


<ビデオ入力>は、外部映像信号の入力を切り換えます。
   0  RGBマルチコネクタ
   1  外部映像信号入力コネクタ

<AVコントロール>は、RGBマルチコネクタのAVコントロール端子の出力を指定します。
   0  出力をOFF
   1  出力をON





Copyright 2010 up-c all rights reserved