PX-7基板について
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



◎メイン基板
◎基板全体

PX-7 MINA PCB CPU周辺 ROM RAM周辺 V−RAM VDP周辺

基板全体の拡大
◎CPU周辺
PX-7 CPU
写真中央のNEC D780CがZ80A互換CPUです。
ちなみに左下のYAMAHA YM2149は、PSG 音源ICです。

◎RAM&ROM周辺
PX-7 MEMORY
写真左側の富士通のMB81416が、16k×4ビットのD−RAMです。
これが4つ実装されているので、メインRAMの容量は32kバイトになります。
ちなみに写真右側の600milのICがROMで、上(IC13)がP−BASIC用のROM、下(IC12)がMSX用のROMになります。

◎V−RAM&VDP周辺
PX-7 VDP & V-RAM
写真下側のTMS9928が、VDPで、RGB出力付きTMS9918バージョンです。
V−RAMは、MCM4116が(一部フラットケーブルに隠れて見づらいですが)8個実装されています。
これは、16k×1ビットのD−RAMなので、16kバイトになります。


◎ビデオ基板
◎基板全体

PX-7 VIDEO PCB ビデオ入出力回路周辺 電源回路周辺

基板全体の拡大
◎ビデオ入出力回路周辺
PX-7 VIDEO

◎電源回路周辺
PX-7 POWER






Copyright 2013 up-c all rights reserved