MB-H3 MB-H3 VRAM増設
MB−H3のVRAMを64KBから128KBに増設します。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



VRAM 64KB
MB−H3は、MSX2なのにVRAMが最低スペックである64KBしかありません。
ほとんどのMSX2用のソフトは、VRAM128KB以上を謳っているので使えません。それじゃMSX1.5じゃん!
って諦めないためにも、VRAMを128KBに拡張します。
VRAMの位置を確認
VDP(放熱版に隠れてわかりづらいですが)の右隣にVRAM用のDRAMがあります。
そこに未実装部品のR39、IC19、IC20、C19、C20の位置を確認します。
またこのとき、空きランドは半田で塞がれているので、後ほど部品を実装するので、半田吸収線等でキレイに除去しておいてください。
ソケットの実装
まずは、C19、C20にパスコン0.1uFを実装します。
なくても構いませんが、元に戻せるようにしておくために、IC19,IC20のDRAMの箇所に18ピンのICソケットを、 R39にもシングルソケットを実装しておきます。
部品の実装
ここでR39に抵抗33Ωと、IC19、IC20に64×4ビットのDRAM(MB81464等)を実装します。
これでハードウエアの改造は終了です。
VRAM 128KB
この立ち上げ時の画面で、VRAMが128KBになっていれば成功です!!





Copyright 2011 up-c all rights reserved