FS−PW1内部構造

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


◎内部構造※各部でマウスを止めると説明がでます(ポップアップを有効にしてください)

内部構造 パワーLED 印字可LED プリンタリセットボタン 紙押さえレバー 給紙口 紙送りダイヤル プリンタヘッド(インクリボン)



◎基板※各部でマウスを止めると説明がでます(ポップアップを有効にしてください)

基板 メインマイコン(8ビット8MHz動作) RAM(8KB) ROM(16KB) マスクROM(512KB) ドライバーIC(計24ビットあることから、ヘッド用ドライバーと思われます) ゲートアレイ(M60002A詳細不明ですが、恐らくメモリコントローラか何かです) 電源部 インタフェイス部 ロジック部 電源スイッチ 印字濃淡ボリューム

基板全体の拡大







Copyright 2010 up-c all rights reserved