コントロールケーブル

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


・FS−PW1は、カートリッジとプリンター本体を26ピンケーブル でつなげるだけでなく、カートリッジのコントロール端子(プリンタ制御端子)と、 MSXのプリンタ端子(セントロニクス14P)とつなぐ必要があります。
しかし、ヤフオク等で手に入れた場合、またなくしてしまった場合、プリンターを動かすことが出来ません。
そこで、このコントロールケーブルを自作して、使えるようにしましょう!
Control Cable
このように作ります。
セントロニクス14Pコネクターと、ステレオミニピンプラグを秋葉原の秋月電子等で入手します。
あと、リード線もお忘れなく!!
Control Cable
Connect
配線は、図のように
・ミニステレオピンの一番外側をセントロニクス14Pの1番ピン(Data Strobe)(写真では茶色のリード線)
・ミニステレオピンの真ん中をセントロニクス14Pの11番ピン(Busy)(写真では赤色のリード線)
・ミニステレオピンの一番内側をセントロニクス14Pの14番ピン(GND)(写真では黒色のリード線)
に接続します。
Control Cable
セントロニクス14Pコネクタの拡大写真です。
1番ピンは、茶色のリード線で、Data Strobe信号、
11番ピンは、赤色のリード線で、Busy信号
14番ピンは、黒色のリード線で、GND信号です。
つまり、このコントロールケーブルは、この2種類の信号をとるためだけに使われている…何とも言い難いケーブルです。




Copyright 2010 up-c all rights reserved