FS-A1ST FS-A1ST RAM増設
FS−A1STのメインRAMを256KBから512KBに増設します。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



DRAM Position
IC31,IC33の空きランドに、ICソケット20Pを実装します。(※なくても可)
また、その上のC138,C140にパスコン0.1uFを実装します。チップコンデンサのほうがキレイに実装できますが、リードタイプでも問題ありません。
のちほど、R55を実装するので、位置を確認。
R55
R55に100Ωを実装します。
このとき、リードタイプの抵抗でも問題はありませんが、狭小のため、できればチップ部品のほうが、楽です。
R41
MSX−SYSTEM(S1990)にある、R41に1kΩを実装すます。ここは、リードタイプのほうがいいです。
JUMPER
基板の裏(半田面)にし、R229のシルクを探します。※「MADE IN JAPAN」シルクの「M」の上辺りにあります。
見つけたらここをジャンパー(ショート)します。
DRAM 512KB
最初に20ピンのICソケットを実装した、IC31,IC33に256K×4ビットのD−RAMを実装します。
これで、改造自体は終了です!
512KB
最後に立ち上げ画面で、メインメモリーが512KBに表示されていれば、成功です!!





Copyright 2010-2011 up-c all rights reserved