FS-A1F FS-A1F RAM増設
FS−A1FのメインRAMを64KBから128KBに増設します。


FS-A1F PWB まずは、トップカバーと、キーボードも外し、基板上のメインRAMの位置を確認します。
このとき、FDDも外しておくて、あとから基板も取り外しやすくなります。
FS-A1F MAIN RAM DRAMを取り付ける空きランドと、パスコンを取り付ける空きランドを確認します。
半田でランドがふさがれているので、キレイに取り除きます。
FS-A1F EXPAND RAM あとは、このようにDRAMと、パソコンを取り付けるだけです。
特にジャンパーをかえたりする必要はないです。これで終了です。
ちなみにDRAMは、64K×4bitのものを実装します。
(東芝TMM41464AP、NEC D41464C、富士通MB81464等)


FS-A1F MEMTEST ハードは完了したけど、MSX2の場合、タイトルのメモリチェックはVRAMだけしかしないため、 本当にRAMが増えたかどうかわかりません。
そこで、MEMTEST.COMを使います。
左のように、メモリマッパーセグメントが00〜07まで表示されOKになれば、成功です。
ちなみに、1セグメント16KBになるため、8個のセグメント×16KB=128KBになります。
FS-A1F MEMCHK1 STEP1 でも、MEMTEST.COMも持ってないよ!っていう人は、 ここからMEMCHK2.BASをダウンロードしてください。
このプログラムは、BASICで動く簡易メモリチェックプログラムです。
フロッピーディスクか、なにかに保存して、LOADして…
まずは、プログラムリストの10行目を出してください。
FS-A1F MEMCHK1 STEP2 10行の行番号とREM(')マークを削除して、ダイレクトコマンドで実行してください。
※これを忘れると、プログラム実行時にエラーが出ます。
次にもう1度MEMCHK2.BASをLOADし、実行します。
FS-A1F MEMCHK1 STEP3 128KB増設に成功していると、左のように4〜7セグメントまでOKが出て、128KBまでOKとなります。
これでメモリ増設成功です!
ちなみに、このあとセグメント8がNGになろうと、プログラムが暴走しようと、128KBまでOKとなっていれば、成功です。






Copyright 2009 up-c all rights reserved